サイト内検索

 

伊都地区センター長挨拶

 九州大学低温センターは、工学系学府・研究院の伊都キャンパス移転を機に全学での寒剤(液体ヘリウム、液体窒素)の安全・安定・安価な供給を通し、低温を利用する教育研究を支援するために、平成18年4月に学内共同教育研究施設として設立されています。これまで、箱崎キャンパスを中心に寒剤供給を担当していました極低温実験室の設備と寒剤供給業務は、当センターの箱崎地区センターが引き継いでおり、また、伊都新キャンパスでの寒剤供給につきましては同伊都地区センターが受け持つことになりました。
 
伊都地区センターの建物とヘリウム液化冷凍設備等の寒剤供給設備は平成18年度の予算で整備されており、本年度に入りましてこれらの設備の試験運転等の準備の期間をいただいて、この10月より寒剤供給業務を開始いたしました。
 伊都地区センターは、同地区の寒剤供給に当たりましては、寒剤を利用した教育研究に携わっておられる教職員・学生のみなさんを対象にした安全講習会の開催や関連情報の発信などの業務も併せまして便利で安全な寒剤供給環境を充実していく責務を負っております。教職員スタッフ一同、がんばっていく所存でございますので、どうぞご支援の程、よろしくお願いいたします。   


低温センター長    船木 和夫