サイト内検索

 

箱崎地区センター長挨拶

 九州大学低温センターは平成18年4月に発足した新しいセンターです

 センターの役割は全学の寒剤利用者に対して寒剤(液体ヘリウム,液体窒素)を安全,安定かつ安価に供給し,低温を用いた研究教育を支援することと,高圧ガス保安法に基づく保安教育を実施し,低温を利用した研究教育が安全に行われるように努めることです.
 低温は熱擾乱がなく量子効果が顕著に現れる世界です.超伝導や磁性はその典型的な例といえるでしょう.このような低温環境を積極的に利用することにより,既存の研究分野の発展だけでなく,新機軸となる研究分野の創成が期待されます.
 現在当センターは箱崎地区にありますが,平成19年度には伊都地区センターも開設し,同センターに新しいヘリウム液化機および冷凍機も導入されることになっています.
 九州大学では1000人以上の教職員および学生が寒剤を利用しておりますが,今後も利用者数の増加が見込まれています.それだけにセンターに与えられた責任も重いものがありますが,教職員一同はがんばって責務を果たしていくつもりです.

皆様がたのご支援をお願いいたします.


箱崎地区センター長 和田裕文